ホーム>スタッフブログ>ゲーム

ゲーム

コントローラー

昨年の医療展で、リハビリ用のゲームを展示していましたが
ちゃんとしたメーカーが作ると流石な物ができるよな~
と思いました。

このコントローラーの凄いところは、イヤホンジャック端子がたくさん付いていて
そこに差せば、自作のボタンとかをコントローラー化できるというところです。
なので、傷害のある人でなくても特殊なコントローラーを作ることができるので、
色んな楽しみ方ができそう。

こういう拡張性の高い物って、与えられるだけではなく
色々考えることができるのでいいですよね。

新しい目線

正月以来ブログをまともに更新するのは初めてですね。




先日、話題になったのが任天堂がいま発売中の
Switchを使って新しい遊びを提案するというものでした。


ネットでは、VRだとか新しいゲームじゃないかとか言われていましたが、
発表されたのは段ボールとSwitchを使って遊べるNintendo Laboというもので、
予想を遥か上の提案をする任天堂は凄いと評判でした。




実際、見てみるとSwitchに付いている、ジャイロセンサーやIRカメラ、加速度センサー
を使って、ラジコンや釣りゲームやピアノを作っていました。
特にピアノは、段ボールの箱にコントローラーを差し込むだけなのに、
どうやって鍵盤を認識しているのか?と疑問でしたが、
画像処理で叩いた鍵盤の位置を把握するという力業でやってるっぽいです。
それを簡単にやってるSwitchと任天堂の発想力、先見性はすごいなと思いました。


あと、段ボールを使うことで知育玩具っぽくもあるし、
子供の好奇心も煽るし、安い段ボールでコストダウンできるしで
上手いなぁって思います。


こういう飛び道具的なアイデアの企画は、ベンチャー企業ならまだしも
大企業が商品化を行うのはさすがだなと思います。
この柔軟性は見習わなきゃいけませんね。


Nintendo Labo




2018119134541.png

お正月の間にいつの間にか立派な実がなっていました。

至高な試行をよろしこー

引っ越しから一週間、真ん中の光が当たりやすいいちごさんが
荒ぶっておられます。

201723115036.png

写真じゃわかりづらいですが、葉っぱが大きいんですよ!!
引っ越しして翌日には今までにないくらいの大きな葉が開いて、
この蛍光灯こんなに効果あるのか!?と、テンション上がってました。
ヒーターの効果も大きいのですが。



201723115121.png

そこで、今まで光があまり当たっていなくて、
元気のないいちごに電球型のLEDの光を与えることにしました。
写真じゃわかりづらいけど、新しい葉が一晩で成長したような??
元々、枯れちゃうんじゃないか?と心配してた苗なので、
新しい芽が出てきてホッとしてます。


201723115053.png

こう試行錯誤しながらやるのは、
農業でも機械の製造やプログラミングでも楽しいところですよね。
ただ、植物は予想外の事態が起こることが多々あるので、
その辺は難しいなと思います。
プログラムなんて自分の作った通りにしか動かないからどんだけ楽か...。




ずいぶん先だと思っていた医療展まで、あと1週間。
自分が担当している展示品のリハビリゲーム(試作品)も、
もう少しで試遊できるようになりそうです。


椅子に座ってやる2種類のゲーム?が入っているのですが、
1つは、指示に従って体を動かす反射ゲーム、
もう一つは、足を動かすことで歩いているような感覚になる散歩ゲーム。
本当は最近流行りのVRみたいにリアルな物を作りたかったんですけど、
時間も技術も足りなかったのです。
散歩の方は色々調整とかで完成まではいかないと思いますが、
一応、プレイできるように持っていきたいなと思います。


201723115145.png

ぜひ、遊びに来てくださいね。

ゲームって色々あります。

最近だとゲームと言えば、TVゲームや3DS等の携帯ゲームですが、
今でもボードゲームやカードゲーム等のいわゆるアナログゲームも
まだまだ新作が出てるんです。

最近、話題になったのは「枯山水」と言う、
徳を積んで美しい日本庭園を造るボードゲームだったり、
「ハイテンション利休」と言う利休のテンションにちょうど合う値段の
茶菓子を出すゲームだったり色んなバリエーションのゲームが出てます。

海外にもそういうアナログゲームがあって、
この前気になったのが「Circuit Maze」という電子回路のボードゲーム。


2016112518617.jpg

5×5のマスにブロックを入れて回路を作り、ランプを点けるというゲームです。
カードにはお題が書いてあって、ランプの光らせ方や
使用するブロックが指定してあって、なかなか難しそう。

欲しいんですけど、輸入品しかなく意外と高価なんですよね。
工夫次第で何でもゲームにして楽しむことができるって、
凄いことだと思います。




新しいゲームを公開しました。
落ちてきたり、走っていたり、出てくるものをつまむという、
単純なゲームです。

http://tatsukigame.web.fc2.com/game4_tumami.html


20161125181959.jpg

正直ゲームとしては、それほど面白いものではないのですが(笑)
こっそり新しいことに挑戦してました。

Pixi.jsという2D描画用のjavascriptライブラリを使用していて、、
簡単に言うと楽に絵を拡大縮小、回転、変形ができるというものです。
本当はつまんだ部分をビミョーンと伸ばしたかったのですが、
思った以上に難しくて断念しました...。

でも、こういうスクリプトを組めばやれるかな?と
トライ&エラーを繰り返すのは、パズルのようで楽しかったです。


近頃、プログラミングが必修になるとか何とか言われてますが、
この楽しさを理解できる人が増えてくれるのか、不安でもあり
楽しみでもあります。

客観的な視点と新ゲーム

結構前に公開中ですが、新しいゲームを作りました。
L.E.D.52とどこかで聞いたような名前ですが、
それとは全然無関係です!
2016107113424.png ゲームページへ移動


昔から趣味でゲームは作っていますが、(と言っても完成させていないのが多い)
一番難しいのはバランス調整ですね。


始めは簡単→徐々に難しくと言うのが基本なんですが、
プログラム修正→テストプレイ→プログラム修正→テスト....
と繰り返していくと、どうしても自分の腕が上がっていってしまい
簡単に感じてしまうんですよね。


そこでいかに客観的に見ることができるかが、重要なんです!


これは、ゲーム作りに限らず使う(プレイする)人の事を考えるのは
開発の人間には大切なことだと思います。


今回はパズル的な要素と爽快感を合わせたゲーム性というのが
イメージだったんですが、ちょっとルールが複雑だったかなと反省。


先のステージに行くほど、角度や強さがシビアになっていくので、
ちょっと難しいかも?とは思いますが、
運が良ければあっさりクリアできてしまうので頑張ってください。


ゲームページへ移動

2016107113352.png

基板修理とゲームサイト

まず、本業の内容から。


そんなに大々的には宣伝していませんが、
言いたいことが1つ
「基板の修理もできます!」
ということです。
web担当になってから気になっていたのですが、
「基板 修理」で検索されている方が結構いらっしゃるんですよね。


特に機械って、機械的に動く部分は弄って何とかなりそうな感じはありますが、
基板となると中身が見えないから、
ココが壊れたら諦めてしまう方が多いと思うんですよ。


実際、うちに修理依頼をされる方は、
すでに生産終了していたり、製造会社がなくなっていて、
藁をもすがる思いで連絡をいただく方が多いです。


残念ながら部品が手に入らない等の理由で、
修理ができない事案もありますが、
動かなくなって眠っている機械があれば連絡して頂ければ嬉しいです。

もうひとつ...
ゲームサイトを開設しました!
↓メインサイト
http://tatsukigame.web.fc2.com/

なぜ?と思う方もいらっしゃるでしょうが、単に担当の趣味です!!
軽く会社の宣伝になればいいかな~って言うのと、
もう一つサイトを立ち上げる予定があるので、その練習でという感じです。


そんなに本格的なものではなく、素人丸出しのミニゲームですが
暇なときに遊んでいただけると幸いです。

ちなみに今回は某ポ○モンGO風のモンスター捕獲ゲームです。
http://tatsukigame.web.fc2.com/game_monstball.html


201692165146.png

何かバグ発見やご意見があれば、こちらまで。
↑ゲームに関するご意見の返信はしないのでアドレスは適当でいいですよ。

ページ上部へ