ホーム>スタッフブログ>2016年8月

2016年8月

開発日誌2「USBカメラでマイクロスコープがつくれるか?」その2

前回、OPEN_CVを使ってソフトを作ろうって所で終わりました。


シンプルにマウスのホイールで焦点を調節できるように作っていたんですが、
オート/マニュアルの切り替えとついでに他のパラメータも
変更できるようにしました。

結局、ズームと焦点くらいしか使わないですけど。



2016825135015.png

でも、もう少し細かく見れるようにしたいんですよね。
一眼レフみたいにレンズの交換があれば、拡大やオートフォーカスできるんじゃ?
とア○ゾン見てたら見つけたコレ!



2016825135036.png

スマホ用レンズ。
広角、魚眼、マクロと3種類。
安いし買ってみて装着。


映った映像は、解像度も文句ないし、微妙な距離の動きも
オートフォーカスで合わせてくれる!!


これはいい買い物をしたと思ったけど、
よく見たらめっちゃ近づかないと焦点が合わなかったです…

2016825135059.png

おぅ...だめじゃん。



やっぱり、マイクロスコープは高いだけあるな~ってお話でした。
最近のは3Dに変換もしてくれますしね。




ちなみにUSBカメラとラズベリーパイというワンボードマイコンを組み合わせると、
ストリーミングカメラ(ネット回線を使用して離れた場所で映像を観られる)にできるので、
自動はんだ機の出口に設置して、入り口から監視できるようにしました。

2016825135117.png

ほんと世の中便利になりましたねぇ。

開発日誌1「USBカメラでマイクロスコープがつくれるか?」その1



お盆が明けました。


特に遠出はしなかったけど、
とりあえずシンゴジラは観ました。

その間にゲームを作ってたのでデバッグが終わったら
公開したいと思います。来月始め辺りかなー?


さて、ここから本題なんですが最近のデジカメやwebカメラって高性能ですよね。
そこで思ったのが、「そこまで高性能を求めなければ、マイクロスコープ(電子顕微鏡)
の代わりを作れんじゃないか?」ってことです。
もちろん高性能なデジカメを使えばできそうですが、今回は低価格路線で
挑戦してみました。


まず、調べてみて目に付いたのが、ElecomさんのUSBマイクロスコープ!
今回のテーマそのままの商品で買って(自腹)試してみました。
割引されて2000円くらいだったかな?

2016819161857.jpg

実際、使った印象は...持ちやすいし一部分を拡大するには良い感じでした。
カメラの周りにLEDランプが付いていて、照らすことができるし。
でも、はんだの具合を見るにはランプを点けちゃうと白飛びしてしまって
見えないんですよね。

あとピントを合わせるのがカメラ周りのリングを回して合わせる仕様になっていて、
合わせづらい...って言うのが難点でした。
使用例にもあったけど、お肌の具合を見るには優れものです。
しばらく毛穴を拡大して遊んでました。




そこで、オートフォーカス付きで接写もそこそこできるとア○ゾンのレビューに
書いてあったロジクールのC525を購入。(これも自腹)

2016819161913.jpg

使ってみて、やっぱりオートフォーカスって便利!と、今更ながら
オートフォーカスに感動してました(笑)

ただレビューでは約2センチの距離まで近づけるとあったけど、
実際やってみると...ピントが合わない...
よく読んだら接写するには専用ソフトを使用して
ピントは手動で合わせなければいけないらしいです。

結局、手動かい!

...って、思ったけど、よく考えたらソフトで焦点を変えられるってことは、
プログラムを作って制御できるのかな?
と、調べたら~ありました!

最近のwebカメラはUVCという規格があって、
DirectShowで画像取り込みできるらしいです。
そしてOpen_CVというライブラリで制御するみたい。(うろ覚えなのでテキトー)
じゃあ、ソフトを作ってみようってことで

 → 次回へ

暑いですね。

暑くなって夏めいてきました。

普段、冷房の効いた部屋で作業をしていますが、
意外とPCって熱を持つんですよね。
気が付いたら汗かきながらキーボードを打ってるって事が多々あります。


ずっと家で
「冷房を点けているはずなのにもの凄く暑くて、
寝る前になると涼しくなるのはなんでだろう?」
...って疑問だったんですが、


単純に部屋にいるときはPC+モニタ×2に囲まれてたせいだと、
ようやく最近気が付きました (;'∀')


STOP 温暖化!


来週からお盆休みで時間があるので、
何か作れたらいいなって思ってます。
え?おでかけ?そんな予定はありません。


次回(お盆明け):USBカメラでマイクロスコープ(電子顕微鏡)は作れるのか!?

ページ上部へ